限界突破!

中村貴咲wiki風プロフィール!Xゲームでアジア人初の世界一に!

中村貴咲wiki風プロフィール!Xゲームでアジア人初の世界一に!

中村貴咲(きさ)さんを
ご存知ですか?

2月6日の報道ステーションに
出演されていたのですが、

なんと、スケボーのXゲームで
日本人初、いやアジア人初の
世界一になった現役の
高校生です。

まだ、16歳です。
今回はそんな中村貴咲さんの
wiki風プロフィールで

魅力に迫っていきたいと思います。

さっそく追跡してみよう!

中村貴咲さんの
wiki風プロフィール!

中村貴咲(なかむらきさ)

名前◉中村貴咲(なかむらきさ)
生年月日◉2000年5月22日
血液型◉A型
得意技◉450°
出身◉兵庫県
高校◉大阪学芸高等学校

得意技は450°

これは世界でも数人しか
出来ないという
かなり難しい技です。

体操なんかでは
よく出てくる技なんですが、
要は450°回転するということです。

つまり1回転半するんです。
スケボーで最高到達地点で
1回転半なんて人間技でないですね。

スケボーとの出会いは?

貴咲さんのお父さんが
サーフィンをやっていて、

貴咲さんにも
サーフィンをやらせようと
感覚をつかむために

スケボーの練習を
していたら、
結構スノボーの方が

うまいし、行けるんじゃないかと
路線変更になったのが、
スケボーを始めるキッカケだった
みたいです。

でも、貴咲さんは
全然やる気がなくて、
いやいやながら最初の頃は
やっていたみたいです。

しかしお父さんは
きっと貴咲さんの才能に
気づいていたんでしょうね

学校から帰ると
すぐに練習です。
それも1年300日

貴咲さんはその当時は
学校にいつまでも
行っていられたらいいのにと
思っていたそうです。

アメリカに武者修行に行って
スケボーに対する考えが変わる!

高校に入るまでは
日本の大会には、
どこであろうと

家族全員で車で移動。
寝泊まりも車の中。

そして、最後は
アメリカ遠征を決行!

初めのうちは
お父さんがすべての事を
やっていたのですが、

この頃はお父さんに
やらされている感が、
すごくあったようで
まだ自立できていなかった
みたいです。

しかし、
途中からお父さん抜きで
やってみたところ、
段々と一人でやりだすと

自然とスケボーに対する
本気度が増してきて
真剣に取り組むように
なったのです。

ここから貴咲さんの
快進撃がはじまります。

東京オリンピックは金メダル確実か?

2020年の東京オリンピックは
金メダル確実でしょう!

貴咲さんも
そう思っているらしく
ただの通過点にすぎない。

私の目標は世界大会で
もっともっと優勝すること。

と語っていました。

最後にスケボーの魅力を
聞かれた時に貴咲さんは
こう答えました。

スケボーは
自分で技を開発できること。
同じ技でもアピールの仕方で
点数が変わることなど、

やればやるほど、
面白いし、やりがいがあると
語っていました。

我々庶民は
とりあえず東京オリンピックで
金メダルを首にかけるその姿を

見ることが
大いなる夢でもあります。

最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

Sponsored Links
Return Top