限界突破!

東海道・山陽新幹線に一番安く(土日・祝日)乗る方法はEX早特!

東海道・山陽新幹線に一番安く(土日・祝日)乗る方法はEX早特!

東海道・山陽新幹線に一番安く乗る方法を
紹介します。
それは、スマートEX
というネット予約サービスです。

田舎にずいぶん帰ってないなー。
そろそろ帰って親孝行でもしないと、
次はいつ帰れるかわからないし。


思っているあなたに
一番安く新幹線で田舎に帰る方法を
今回は追跡してみました。

さっそくいってみましょう。

Sponsored Links

スマートEXとは?

交通系ICカードとクレジットカードを
ひもづけて切符なしで
ICカードのみで新幹線に乗ることが
出来るサービスです。

使える交通系ICカードは以下の10種類。

Kitaca(キタカ)→発行元:JR北海道

PASMO(ぱすも)→東京メトロなど

Suica(すいか)→JR東日本

manaca(マナカ)→名古屋鉄道など

TOICA(トイカ)→JR東海

PiTaPa(ピタパ)→大阪市交通局など

ICOCA(イコカ)→JR西日本

HAYAKAKEN(はやかけん)→福岡市交通局

nimoca(ニモカ)→西日本鉄道

SUGOCA(スゴカ)
→JR九州

この10種類の内一つでも
持っているカードがあれば
スマートEXを利用できます。

東海道・山陽新幹線限定のEX早特!

EX早特とは
東海道・山陽新幹線に乗る人のためだけに
作られたシステムです。

発売期間は乗車日の
3日前まで
予約できます。

乗車日の1ヵ月前(10:00)から
3日前(23:30)まで予約可能。
予約後に予定が変わっても、
他の商品等に手数料無料で変更できます
(差額は必要です)。

「のぞみ」
普通車指定席・グリーン車
指定列車以外への乗車はできません。
※要するに席の異動は出来ないということです。
席数限定の商品です(設定除外日あり)。

おとな・こども 最大6名まで
利用可能!
一度に予約できる人数は、
1名様から最大6名様まで。
こども用の設定もあります。

例えば、東京・品川から
小倉駅まで予約すると

通常の運賃だと→22,310円
EX早特を利用すると→17,000円

その差額5,310円
往復だと10,620円

お得になるということです。
この差は大きいですね。
使わない手はないですね!

年会費無料!スマホやパソコンから登録!

まず最初に会員登録をしましょう。

その前に準備しなければ
いけないものを用意します。

①交通系ICカード
上の記事にある10種類のカードです。

②クレジットカード

③メールアドレス

準備が出来たら
さっそく会員登録から
やってみましょう!

まず最初にスマートEXの
ホームページへ行きます。

下の青文字をクリックすると
スマートEXの
ホームページへ行きます。
スマートEXホームページへGO!
上のような画面になりましたか?
この画面になったら、
上の真ん中あたりにある
赤丸で囲んだ会員登録を
クリックします。

すると会員登録の画面になりますので
あとは↓をクリックしてください。
会員登録のやり方がわかりやすく
説明されています。
ここをくりっくして会員登録
の画面を見ながら進めて下さい。

切符なし(交通系ICカード)で乗車可能!

無事会員登録が終わりましたか?
会員登録が終わったら
EX早特で購入しましょう!

購入画面はここから↓
パソコンでの予約はここから
スマホでの予約はここから

どちらも説明どおりに進めれば
簡単に予約出来るようになっています。

無事に終わったら、あとは指定の時間に
乗車する新幹線の改札まで行くだけです。

※新幹線乗車駅までの運賃は
別料金になるのでその分は
ICカードにチャージしてから
進めて下さい。

最後に新幹線の改札を通ると
EXご利用票
出てきますので
忘れないでください。
改札口から出てきます。
以下のようなものです。
これは落とさないように
席まで持っていってください。
車掌さんがチェックしに来ますので。

いわゆる指定席特急券と
乗車券が一緒になったものですね。

それでは気をつけていってらっしゃい!

Sponsored Links
73
Return Top