限界突破!

パチンコは投資ゲームだ!やり方さえ間違えなければ必ず勝てる!

パチンコは投資ゲームだ!やり方さえ間違えなければ必ず勝てる!

日本にもカジノが
出来るという話が進んでいるが、
俺たち庶民には全然関係のない話だ。

そもそも入場料6000円も払って
大事なお金をみすみす捨ててしまうなんて
俺には考えられない。

カジノに行かなくても
楽しめる場所があるじゃないか!

そう、あなたも一度は行ったことがある「パチンコ店」。
もはやパチンコはギャンブルではないことを
あなたはまだ知らないかもしれない。

そこで今回はパチンコは
投資ゲームだということを証明しようと思うが、
パチンコがギャンブルだと思っているあなたにこそ、
この記事は読む価値があることを最初に言っておこう。

Sponsored Links

「パチンコ」が好きな理由1

やりたい時にいつでも出来る!

競馬、競輪、競艇などは
基本現場に行かないと楽しむことは出来ない。

競馬などは場外馬券場などがあるが、
それも全国どこにでもあるわけでない。
わざわざその場所まで行かないと
馬券を買えないのだ。

今どきはパソコンがあれば
買うことも出来るが、
やはり現場で実際の目でみるという行為には
かなわないのだ。

しか〜し、
パチンコはどうだろう。
今では19兆円産業とまで言われる
日本で最大の娯楽施設なのだ。

ほとんどが駅前にあり、
徒歩数分のところにある。
いつでもやりたい時に出来るのがパチンコなのである。

「パチンコ」が好きな理由2

投資金額の上限がある。

「え、でもずっと当たりがなければ
上限なしでお金吸い取られるやん!」

なんて声も聞こえて来そうだが、
例えば競馬を例にとると、
これはもう際限なく馬券を買うことができる。

たった一レースで100万円を
賭けることもできるのが競馬。
競輪、競艇もしかり。

でも、パチンコはそうではないのだ。
詳しく説明すると今のパチンコは
紙幣を入れて貸し出しボタンを押すと
玉が500円分でてくる仕組みになっている。

つまり最低の投資金額は500円なのだ。
そして、
俺も経験があるが朝の開店時間から
閉店時間まで打ち続けたとして、
まったく当たりがないとしよう。

その場合は、
釘の良し悪しもあるが10万円位しか打てないのだ。
そう、閉店時間があるから
そこでゲームはストップしてしまう。

また明日やるしかないということ。
最高に使っても10万円くらい。

「パチンコ」が好きな理由3

出る台がある程度予想できるのがパチンコ

「えっ、でもパチンコはコンピューターで
制御されていいるし確率があるから….」

って声がまたまた大きな声で
聞こえて来そうだが、
逆にコンピューターで制御されているから

出る台が予想出来るのを知らないから
そういう話になってしまう。
そもそもコンピューターは人間が作ったもの。

となるとコンピューターも
人間が制御出来るということ。

羽根物全盛の昔は釘師がいて出る台、
回収台を一台一台手作業でやっていた。

しかし時代は変わってフィーバー台になってからは
釘をいじるのはあまり関係無くなったのだ。

代わりにコンピューターで
出る台出ない台を調整して店の売り上げを
コントロールしているのだ。

ということはその裏をかけば
出る台がわかるということ。

「パチンコ」が好きな理由4

友達ができやすい。

パチンコ店に行く店がだいたい決まると、
常連になっていつも来ている人と
隣り合わせになったりして顔馴染みになって
友達になってしまうこともある。

実際に俺の妻はパチンコ店で
知り合いになった人ともう20年近くも
付き合っている。

あと、店員さんとも仲良くなったりして
あげくの果てには飲みにいったりもしたこともある。

まとめ

いかがだったろうか。
ちょっとこじつけが多いのではないかと
感じた人もいるだろう。

しかし、これは事実なのだからしょうがない。
投資の上限を決められて、
出る台も予想できて、
友達までできる。

それでもって小遣いまで増えてしまのは
パチンコぐらいではないだろうか。
ただのめり込みはよくない。

何事もほどほどがベストなのだから。

それじゃ、
今回はこのへんで、アディオス!

Sponsored Links
27
Return Top