限界突破!

夏の映画館が寒い時の裏ワザ的対処法はブランケットを借りる!

夏の映画館が寒い時の裏ワザ的対処法はブランケットを借りる!

夏の暑い時には涼しいところで
過ごしたいですよね。
そんな場所あるのって?
いっぱいありますよ。

例えば映画館。
でも映画館って涼しいどころか

「ちょっと寒いんじゃないかな」

って思ったことありませんか?
そんなときはブランケットを借りましょう!
今回は映画館で寒いと感じたときの
裏ワザ的対処法をお送りします。

Sponsored Links

映画館が寒い時はブランケットを借りられる!でも早い者勝ち!?

映画館で寒くなったら
ブランケットを借りましょう。
どこの映画館でも無料で貸してくれます。

でも、すべての人が借りられる
わけではないんです。

というのは今の映画館って
A1とかB1とか、そのビルの大きさによって
上映してる映画の内容によって
違いますよね。

例えば7つぐらい上映できる
場所があって、100人くらい
収容できるところだったら、

単純に全員がブランケットを
借りようとしたら
700枚必要になるわけです。

でも、さすがに全館分の
ブランケットは用意されているところは
ないはずです。

早いもの勝ちです!

チケットを買って
指定された席に行くときは
寒いとは感じないので
ブランケットのことは
全然頭にはないと思いますが、

10分20分と時間が経つにつれて
じっと座っているだけだから
最初に涼しかった冷房が
徐々に寒いに変わっていくんですよね

裏ワザその一

チケット買って
入場したら
即ブランケットを借りましょう!

映画館が寒いのには知られざる超意外な理由があった!?

実は、映画館の温度は
夏の時期には
お客さんの人数にもよるが
大体24〜25度に調整されている。
これが真実です。

それとクーラーの風が
映画館では均等に当たるように
なっているので
この席は風が来ないという
場所はないそうで
どこで観ても同じ条件。

あと、
夏場の空調は温風がでるわけではないので
設定温度を上げても体感温度が
寒い→温かい
に変わるほどの変化がないそう。

そしてもうひとつ
一度温度を上げたら
映写窓が曇ってしまったことが
あるとか。

そんなこともあり、
映画館の温度は一定に保たれているそう。

やっぱ、自分の家じゃないから
わがままは言えないってことですかね

映画館のスタッフに寒いと言えば冷房を調節してくれるの?

あまりに寒くて我慢出来ないときは
スタッフに声をかけると
1度か2度ぐらいは上げて
もらえるそうだが、

それも観客の人数と寒いと
訴えた人に人数によって
決まってしまうとか。

中には逆に暑いと感じる人も
いるのだとか。

裏ワザその二

映画館は階段状になっているので
冷たい空気はどうしても下に流れて
下の席は他よりも寒い。

ということで
チケットを買うときは
なるべく上の席を買うようにしましょう。

プラス

ダメ元でも寒くて寒くて
映画どころじゃないので
温度上げてください。
これは絶対に言うべきです。

映画館が寒い上にブランケットがない時に超役立つ持ち物を紹介!

観たい映画は寒さの中で
観るより快適に観たいもの。

そんなことなら
自分で用意して行けばいい。

①まずはカーディガン
②ひざ掛け
③使い捨てカイロ

これを準備して行けば
映画館で少々寒くても
気持ちよく映画を
鑑賞できるのでは!

それでは今回はこの辺で
アディオス!

Sponsored Links
350
Return Top